友人も金も無い自虐男が趣味を模索する日記

タイトルの通りです。ぼちぼち模索して反省して暮らす、そんな日記です。

お前…キザやったんか。

こんばんわ。

毎回毎回、日記更新の間が長いこと…

ブログはマメなかたに向いているのだなと思わされます。

 

先日、久しぶりに学生時代の友人と居酒屋にいきました。

ただいま無職で「あまりお金を使いたくないなぁ」という気持ちと「無職が悠々と遊んでていいのかな」という罪悪感でかなり外食がご無沙汰だったもので…かなり呑んでしまいました。

 

一軒目でたらふくビールを呑み。

二軒目で日本酒をゆっくり傾け。

三軒目でカクテルを呑み。

 

7時間くらいは呑みっぱなしだったと思います。

 

僕はお酒は強くないのですが「セーブしながら呑む術」をマスターしている為、多少の眠気はありながらも元気に過ごしていました。

 

変化が大きく起こったのが一緒に呑んでいた友人でした。

 

彼は学生時代からマジメなタイプ。

見た目は「軽く太った照英さん」といった感じで愛されるキャラです。

 

お互いどんなに呑んでも大きく性格が変わる事は無く、多少明るくなるくらいで毎回彼と呑むと楽しいイメージしかありませんでした。

 

そんな彼に「コイツどうした❓」と思い始めたのは二軒目の居酒屋。

 

友人「お前なんで無職なんだよ」

僕「やりたい事を見つけたからだよ」

友人「今のところで頑張れよ。お前なら絶対もっと上目指せるのに」

僕「いやもう辞めたし、これからはやりたい事で上を目指すよ」

友人「ハハ!お前は本当にすげぇやつだぜ」

僕「…。 そうか、ありがとう。頑張るよ。」

 

 

「ハハ!お前は本当にすげぇヤツだぜ」←

 

自分のまわりで「だぜ」を使う人を初めて目の当たりにしましたし…

 

「ハハ!」←

 

この会話のくだりで笑うとこあったか❓

 

若干なんというか違和感、この気持ちなんていえばいいのでしょう。

とりあえず今のところしっくりくる言葉として「気持ちキモチ悪い」が妥当かなと思っています。

 

三軒目も彼の「気持ちキモチ悪い」感じは続き…

 

一番まわりのお客さんにも気づいて欲しくないレベルの言葉で違和感だったのが

 

「ったく…お前ってやつは」です。

 

恐らく僕の人生で初めて言われた言葉だと思います。

初めてがこんな違和感のあるマイナスな感情で聞くことになろうとは…

 

というか友人に会うのは半年ぶりだったのですがここ半年で彼を「気持ちキモチ悪いキャラ」になったプロセスが知りたい。

 

最終的に彼は机に伏せって潰れました。

 

帰りにタクシーを呼んで運転手さんにざっくり住所を伝え彼を乗せて帰らせましたが

最後に彼が言った言葉が

 

「今日はマジ楽しかった。最高の夜だった」

 

 

 

 

…あいつは確実に痛い人に成長を遂げた。

 

                               今日はマジで引いた。開始2時間は最高だったよ…ったく。

 

f:id:you-hobby:20170227222729j:image

 

 

 

なんということでしょう

こんばんわ

今回も駄文ですが最後までお付き合いください。

よろしくお願いします。

 

もう10年近くでしょうか…それくらい前に「Facebook」を当時お付き合いしていた彼女に紹介され

本当にたまにですが日記を更新しておりました。

 

今はこっちのほうがおもしろいというのと気楽にできるということでFacebookは先日退会しました。

 

今のブログのおもしろいところは知り合いや友人がいないので文成だけで自分のことを知って頂けて

しかもアクセス数が増えると自分の性格を認めてもらえるようで嬉しいということ。

 

Facebookをしていた時は70人ほど友達がいて「イイネ!」をしてもらうことが嬉しかったのですが…

日記の内容によってはイイネやコメントもなくなんだかさびしい思いをすることもありました 笑

 

1番腑に落ちなかったのが学生時代からの友人から友人のリクエストが来て承認したとき。

 

始めは「久しぶり〜」とか「また会いたいね」とか「やっぱり友達最高や」的なことで話していたのに時間が経てば自分が起業した会社の商品に対して「イイネのリクエスト」ばかりが来たことが数回あった時…イイネやコメントをくれたのは始めだけであとは「イイネのリクエスト」の波状攻撃

 

「この為に友達になったのかな❓」とやっぱり疑ってしまうのが人間だと思います。

 

知り合いの知り合いからも「イイネのリクエスト」の波状攻撃…

 

高校ラグビー京都成章の後半戦ばりの波状でした。

 

6月、12月(半決算とか決算月でしょうか)はそんな波状攻撃に耐えておりました。

 

後々考えてみると「イイネのリクエスト」って凄いシステムですよね。

 

「これ美味いからお前食ったことないだろうけど美味いって言えよ」

「うん…みんなーこれ(俺食ってねぇけど)おいしいよー見てあげてー」

 

…みたいな半強制的な美味いもののおしつけ。ある意味イジメにも匹敵しそうなシステムだと個人的には思っています。

(その人ととの人間関係にもよると思いますが…)

 

そういうのを除けばおもしろいツールだなと個人的には思います。

 

10年近く付き合って来ましたが意外と終わりは呆気なくでしたが楽しかった趣味でした。

 

早く趣味を見つけたいものです。

なんかないかなぁ…

f:id:you-hobby:20170218213531j:image

 

 

散歩の合間に見た謎の花束

こんにちは。

今回も長々と駄文ですがよろしくお願いします。

 

ここ1ヶ月でやっと「冬」だなぁと感じることが増えてきました。

僕の住んでいる地域は比較的降雪が無く、晴れていることが多くあまり季節感は北陸と比べありません

 

最近は趣味を模索しつついろんなところへ散歩に行くのですが

いつも散歩するコースにいつも花束や缶コーヒーをお供えしているところがあります。

 

「ここは事故現場だったんだな。」「いつも生花をお供えして優しいひとがいるんだな。」

 

とその現場を通る度に思いにふけっていました。

 

今日もそのコースを通っていたとき、ちょうどお婆さんがお供えをしているところを見ました。

なんとなく話しかけやすそうなお婆さんだったので思い切って

 

「いつも、お疲れ様です。差し支え無ければここでなにがあったのか教えて頂けませんか❓」

 

と聞いてみたところ…

 

「私もよくわからん」

 

…驚愕でした。

続けてお婆さんが

 

「前に誰かがここに花を置いてあった。誰も何故置いてあるのかはわからなかったけど、きっとこれは事故現場だったに違いないと思い近所の人が定期的に供えにきている」

 

とおっしゃってました。

 

ここで僕はハッと気づき一つの考察を立てました。

 

花を供えている現場の近くに花屋さんがあります。

そこの花屋さんの駐車場は狭く、花屋さんの社用車は供えている現場近くで商品の搬入をしているところを以前見たことがありました。

 

「もしかして…社用車に商品を運ぶ際に誤っておとしたのでは…」

「そこにお婆さんや地域の方々がかわいそうな事故が起きてお供えをしていると勘違いしてのでは…」

 

地域の管轄の事故記録を確認したところ

 

この近辺で目立って人が亡くなる事故は起きてなかったです。

 

事故記録はもしかしたら僕が発見できてない、確認できていないだけかもしれませんが

万が一僕の考察が全て当たっていたとしたら…なんかやるせないぞこれ

 

ただ反対にこうも考えられます。

よくわからない人のためにお供えものができる優しさ満点の地域。という考え方。

 

今の道路ができるもっともっと昔、マンモスを追いかけて踏まれて亡くなってしまった縄文人

そこで切り捨て御免で亡くなってしまった武士

その場で力尽きてしまった虫、鳥などの動物たち

そんな死を遂げてしまって悔やんだ霊がいるのであればこの平成の時代でやっと供養されたのかもしれない…と、いう考え方。

f:id:you-hobby:20170214174130j:image

いろんな妄想は膨らみますが…とりあえず自分の近所の方々は優しいかたが多いのだとかんじるキッカケになりました。

 

話はオチきれてませんが、またなにか変化があれば日記に残そうかと思います。

 

 

 

 

むいてねぇ…

こんにちわ。

 

今回かなり前の日記を書いて随分経ってしまいました…

「まぁ誰も見てないだろうからいいだろう」と油断してましたが

初めて日記をフォローしていただいたりして驚いて嬉しかった反面

「見てくれてる人おったんかい!すいません!!」

という気持ちも反面。

 

名前等の個人情報を一切伏せた状態で見てくれている方々がいるのは嬉しいですね。

ただ「こいつ記事更新する毎におもんないなぁ」と思われたらどうしよう…

 

まぁそれもブログという趣味の醍醐味なのでしょうね。

 

友人は出来ませんがこれはこれで中々面白いですね。いい趣味に出逢えました。

 

さて〝友人も金も無い男が趣味を模索するブログ″ですがただいま職も無い男でもあります笑

長々と更新してなかったのは面接、試験等の就活でバタバタと勉強しておりました。

勉強は大人になってすると楽しいものですね…20代後半から資格とったり座学してみたりが意外と疲れますがやり甲斐があります。

 

ただずっと勉強すると…ただただ孤独。 笑 

学生の時のようにしんどい時を共有する仲間が欲しいものです。

そうは言ってもなかなか苦肉をともにする仲間などできませんのでそんな寂しさを救ってくれるのが

「読書」です。

 

小難しいのより気持ちがフラットになりつつ少し「クスッ」となれるものがいいです。

 

「お釈迦さまならこう言うね!」という本がありまして…なかなかいいですよ

東寺の住職をされている増田さんと言う方が素朴な疑問にお釈迦さまの考え方を取り入れて答えている問答本です。

 

詳しくはお買い上げ頂けばいいのですが…

 

その中でツボになったのが

「なんでご飯を残しちゃいけないの❓」という子どもの問いに

 

「ご飯は命だからだぜ!」という住職の答え。

それまで随分優しく、真面目に答えていた住職、急にだぜ口調。

 

それまでの真面目な文調がここへ来る為のフリかなと疑ってしまう程。

 

もし時間あれば是非ごらんください。

f:id:you-hobby:20170213211405j:image

 

異性にすすめられて…

こんにちは。

今回も駄文ですがよろしくお願いします。

 

結構、前にあった話ですが職場の異性と趣味の話になり

その女性の趣味は「カフェ巡り」で週末は友達と居心地が良いカフェを探しに県内のカフェを最低2軒はまわってるそうです。

 

この話を聞いたときに僕は「居心地を優先したければ家にいればいいのに…」と真っ先に思いましたが

それを言うのはご法度であると第六感で判断しました。

その女性は居心地の良さもあるけどオシャレなカフェにはオシャレな人、雑貨、インテリアが溢れているため感性も育つ気がすると言ってました。

 

これは一理ある。

当時、僕は所謂「アパレル業界」で働いており、売り場のデザインをオシャレに変えていくことが仕事内容の一部で、よくいろんなショップで売場の研究をしていました。

確かにいろんなオシャレなショップを巡りオシャレを学ぶと自分の感性が育つ感覚があり自己満足できる気がしました。

 

人間はオシャレな感性にアイデンティティが重なると少しまわりの人より優位に立てる考え方が誰しも多かれ少なかれあると思います。つまり「自信がつく」といったところでしょうか。

 

そんな話をして随分経ち、今僕はアパレルの仕事を辞め、ただいま就活中です。(笑

 

無職で時間もあるので今日はぼちぼちカフェを散歩しながら巡りました。

 

なんとなく個人情報を大事にしたいのでとりあえず写真無し、文面のみで説明します。

 

まず自宅から近い駅前にある個人店、昔は確か生活雑貨を売るおばあちゃんが店主をされていた商店だったと思います。

その昔の雰囲気を残したまま居抜き工事で「テ○スハウス」的な見た目にしている様でした。

店内を覗くと「あっ、無理」とすぐさま思いました。

 

若者が多すぎる…‼︎そしてカップルが多い‼︎そして…みんな同じ格好をしている‼︎

 

こんな人達しかいない…

f:id:you-hobby:20170128185120j:image

 

 僕はアラサーで老け顔です。そしてファッションは無難なアメカジ…

疎外感半端なくなりそうなので入店はしませんでした。これは無理だ

 

次は有名な某飲食店検索サイトで見つけた近所にあるイタリアンカフェへ…行けませんでした。

 

店の前まで行きましたがなにやらシェフ的な方とウェイターだと思われる方がもめていました。

せっかく店の前まで来たのに奥歯噛んだままの表情で睨み合うシェフとウェイター…

ポップなイラストとフォントで「うぇるか〜む⭐️」と描かれた看板が切なく、風に吹かれカタカタと悲しい声をあげているようでした。

 

結局よく行くコメダ珈琲で「たっぷりブレンドコーヒー」を頼みゆっくりして来ました。

落ち着くなぁコメダ珈琲

 

今回カフェ巡りは失敗に終わりました。

結局巡ってないし反省材料はないし、コメダはいいなぁくらいの感想しか残ってないのでまた次回カフェ巡りリベンジということで機会を作ろうと思います。

 

シェフとウェイターが仲直りし、今後発展します様、祈っております。

 

まずは反省ですよね。

先日、はじめてのブログの更新をして今回が2回目になります。

2回目の日記のタイトルが「反省」…自分の根暗感がうかがえます(それこそ反省

 

先日の日記の内容の今まで僕が通ってきた趣味の中に「音楽」があります。

 

そもそも音楽を始めたキッカケとして僕の学生時代は様々な音楽が生まれ、流行り

ひとりひとりのアイデンティティを語るうえで必要なコンテンツだったからかもしれません

 

いやそんな小難しい話じゃ無いな…

 

「流行ってる音楽に触れて、奏でてる俺カッケー」を表現したいという自己満足で始まった感じです(笑

 

趣味活動の内容としては音楽をたくさん聴くこと、実際にライブに出演していたり

それなりに頑張って楽しんでいたような気がします。

 

なら辞めてしまった理由はなんだったのでしょう…

それは「俺カッケー」という主観だけでは音楽が生み出せなかったこと、聴きに来られるお客さんを楽しませれなかったことが挙げられます。それによって自分自身も楽しめなくなったと…

実際これに気付いた時に主観を捨てて「お客さんを楽しませる形」を作ろうとした結果

ライブで女装してみたり、ライブなのに持ち時間の半分をトークショーにしてみたり

漫才的なことをしてみたり、手を尽くしてライブを「音楽無しで良くね?」的なバンドになってしまった経緯もあり辞めてしまったという感じです。

あとは初めてプロのライブを見た時に「自分は見る側の人間だな」と気付いたこともおおきなキッカケでした。

 

熱中した趣味活動の中で一番苦悩したものであったと思います。

ただ寂しいかな音楽を辞めて音楽を取り巻く人間関係が無くなってしまったという事実もあり

なんとなくまた音楽をしたい気持ちも無くなりました。

 

「趣味は人を繋げ、留めるものである」

 

これは格言です。ある人の…すいません僕のです。

 

それにしてもあの頃の音楽業界は面白かったなぁ…毎日いろんな音楽聞いてたなぁ

僕はもう音楽をする見込みは無いですが無趣味の方は是非。なかなか楽しいですよ

 

画像は僕の大学時代にまわりの男友達は絶対聴いていたアーティスト達です。

かっこよかったなぁ…f:id:you-hobby:20170126150507j:image

はじめまして。

みなさん「趣味」はお持ちですか?

 

僕は誰かに趣味の有無を聞かれた時…

 

「ん〜…そうですね」がまず口から出ます。

そうです。明確な趣味が僕には無いんです。

 

人は仕事や学校などの社会で暮らすなか、嬉しいときもあり反面ストレスにかられる時もあります。

おそらくそのストレスを発散させる行動の中に「趣味」があるのではないでしょうか。

 

「音楽」「読書」「DIY」「筋トレ」「映画鑑賞」…趣味の種類は数え切れないほどありますが

その中で「これが私の趣味です!!」とはっきり言える人は幸せだと思います。

 

…すっごいうらやましいです…

 

上の文章で例として5つ趣味を挙げましたがこれは僕がやってはみたものの続かなかった趣味です。

続かなかった理由としてはいろいろありましたのでまた追記させて頂くとして…

 

趣味を持っている人、またその趣味に時間を忘れて熱中している人はなにか魅力があります。

こどものような見解ですがキラキラしてるんですよね。

あと多かれ少なかれ趣味を共有して笑いあえる友人がいるんですよね。

素敵なことです。

 

このブログの目的は僕がいろんな趣味を試して、感想を書いて、生涯できる趣味を見つけていく

そんなブログです。

 

ですので「あ、この趣味なら…」という趣味が見つかればブログは終わります(笑)

もしくはその趣味を追求したり経過を報告する、そんなブログに変わると思います。

 

気が弱いアラサーの男ですがもし記事を見て気に入っていただいたら時間がある時で結構です

助言などお願い致します。

 

趣味を試し、報告するのが主の内容ですが、ネタ見つからない時は日々のことも残していきます。

ブログが初めてな上、気が弱いのでそのくらいの逃げ道だけは許してください。

 

それでは今回はこんな感じです。

文章がかてぇなぁ…(笑)少しづつ慣れますので頑張ります‼︎

f:id:you-hobby:20170125234737j:image